top of page

2023.12.3中学校でのイベント

信州大学教育学部附属長野中学校の生徒さんたちが、総合型探求の学習で、犬のイベントを開きたいとのことで、パドックに声をかけてくださいました。そこで、シニア犬のためのトレーニングとお節料理のレシピ紹介をしていただくことになりました。

春から探求してきたことを元に手作りの冊子をつくり、まずはその説明から。イラストや写真を使いわかりやすくまとめられていました。

続いてトレーニング。ペットボトルの間を歩いて筋肉をほぐしたり、

オスワリ-タッテやフセ-タッテを繰り返すことで、後ろ足の筋肉強化。

続いてマットの上に後ろ足だけ、または前足だけ置いてバランスをとることで体幹の筋肉強化。Mちゃん、とっても上手です。14歳になって足腰が弱くなってきたのでよい運動はないかとKさん。これならおうちでもできますね!

こちらのMちゃんは、模範のようです。初めての場所で緊張しているMちゃんが落ち着いて活動できるように、飼い主のKさんが試行錯誤していました。犬に負担をかけないように、どうすれば犬が自分から行動できるかを考えながら対応してくださるところは流石です。

こんなの楽々だよ~とYちゃん。今日は家族みんなで参加です。Yちゃん、大事にされていますね。

S君、マットの上を思うように歩いてくれるかな?

生徒さんに犬を動かしてもらいましょう。初対面なのに落ち着いてMと対面している様子に感心しました。

最後にもう一度集まってイベントのまとめをして終了。参加者から、「こうしてみんなで集まってやってみることで楽しさが増した」等の感想が聞かれました。

シニアになってきたら特に日々のケアが大切になりますね。エネルギー発散というよりも体の機能が落ちないように気をつけてあげたり、心を刺激したりが必要になるような気がします。動きがゆっくりなってきたり、飼い主を困らせることもあまりなくなってくるので、ついついコミュニケーションをとることも少なくなりがちです。

でも今日は、ゆっくりと良い時間が過ごせました。

中学生のみなさん、先生、保護者の方、素敵な時間をありがとうございました。そして飼い主の皆さんも、ありがとうございました。それにしましても中学生の皆さんが主体的、意欲的に勉強されていて、本当に感心しました。頼もしいですね。


今回ご協力いただいたみなさんは、パドックが協力している小中学生と犬のふれあいをする「スマイル☆キッズわんクラブ」に参加いただいている方々またはOGです。今回は、イベントへの参加者であることと同時に中学生の学習支援という立場でもありました。学校に犬を連れていくにあたり気をつけなければならないことや、生徒さんとのコミュニケーションで心得なければならないことなど、よく理解して下さっていて適切に対応いただきました。また、犬たちも人と接するのが好きな子たちです。そんな頼りになる皆さんですので、安心してイベントに協力することができました。ありがとうございました。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page